美肌仕上げに外せないコンシーラーの選び方

薄付きで崩れ無しになる

全てのメイクをエアブラシで完成させることができ、薄付き、均一で化粧直しいらずな仕上がりになります。また、薄付きなので肌への負担も少なく、トラブルが減る利点もあります。メイク時間も短縮でき、自分の好きな色を作り出せるので、メイクする楽しみが広がります。

上手に活用して肌に効果

コスメ

ビタミンc誘導体は浸透力が高く、肌の内部でビタミンCに変化する働きも有るので、ビタミンCを利用した時よりもより高い効果が期待出来ると言うメリットがあります。実際に活用する時は毎日塗布するだけでなく、コットンパック等をして利用する事もできます。

確かな乾燥肌対策が実現

女の人

毎日使うスキンケア化粧品を保湿効果が高いものに変えるだけで、乾燥肌対策を手軽に行うことができます。保湿成分が配合されている化粧品を使い続けることで、乾燥肌を防ぐことができるなど様々なお肌の悩みを解消できますので、積極的に取り入れてみましょう。

うまく使いこなすには

レディ

悩み別に選び正しく使用

自分の肌に合う化粧品選びは大切ですが、それはコンシーラーにもいうことができます。美しい肌を演出するための必須アイテムであるコンシーラーは選び方を間違うと浮いてしまいます。さらにカバーしきれてないなど扱いが難しいです。まずその選び方ですが自分がどの部分を隠したいのかを焦点にします。小さいホクロなどを隠したい場合、ペンシルタイプを選びます。広範囲のシミを隠したかったらスティックタイプを選びます。デコボコのニキビなどもこのタイプでカバーすることができます。クリームタイプは目のクマなどを隠します。リキッドタイプのものには先が筆ペンになっていたりチップになっているものがあります。肌になじみやすいです。色選びも大切です。イエロー系やベージュ系のものは茶色いクマを、オレンジ系であれば青色のクマを隠してくれます。シミやそばかすの場合は明るすぎると浮きます。少し暗めの色をチョイスしてください。目安は自分の肌です。ニキビなどの赤い部分にはグリーン、もしくはイエローやベージュ系で隠します。これはシミと反対で明るめの色を選びます。効果を十分に発揮するには、これらのコンシーラーを使い分けることにあります。シミ隠し用、ニキビ隠し用、クマ隠し用のものをそれぞれ用意しておきましょう。使うときは必ずファンデーションの前です。せっかく隠した部分がファンデーションを塗っていくうちに取れてしまわないようにします。仕上げには必ず馴染ませます。クマであれば薬指やスポンジで、シミなどであればブラシや薬指の腹の部分でコンシーラーを肌に馴染ませましょう。